赤ちゃん・幼児

祖父母に注意!?虫歯菌から赤ちゃんを守るためにできること。

投稿日:

赤ちゃんの虫歯

こんにちは、35スマイルママ(35smile_mama)です。

歯医者のあの「キーーーーーーン」って音…

わたしはこの音を聞いただけで顔がゆがみます(笑)

親なら誰しも自分の子を虫歯にさせたいなんて思わないですよね?

虫歯にさせないためには、「虫歯菌」を移さないことが肝心みたい。

生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌ゼロと言われているので、このまま虫歯菌を移さないようにしてあげたい…!と思ったりします^^;

でも虫歯菌を移さないようにするためには、周りの大人のサポートがめちゃくちゃ重要なんですよね。

と・く・に!祖父母あたりは虫歯菌なんて気にしちゃいないんです^^;(笑)←我が家の例

大人と同じスプーン、同じ箸、同じコップ…これらを平気で使おうとしますからね…!!

ちょーーーーーっと待ったーーー!(心の叫び)虫歯菌が移っちゃう!

こんな場面が思い浮かびますよね。

今回の記事では赤ちゃんに虫歯菌を移させないようにする方法【祖父母の対策】を紹介します^^

スポンサーリンク


赤ちゃんを虫歯にさせないために

子供の虫歯は親の責任

赤ちゃんは自分で歯を磨くことも食べるものも自分で決められないですよね。

子どもの虫歯は親の責任」と言われるように、赤ちゃんの虫歯も親の責任になってしまいます^^;

歯が生えてきたら歯磨きスタートだけど、生える前から歯を触るといった慣れさせることが大切みたいね。

子どもの虫歯はかわいそう

子どもの虫歯はかわいそう

通っていた保育園では、2歳3歳くらいの年齢で歯全体に虫歯ができてる子もいました…

中には「お歯黒か!?」ってくらい歯が黒い子もいるみたいですよ…

「え、親どーした!?歯磨きしてないの?」って心配になってしまいますよね^^;

乳歯だから虫歯になっても大丈夫、と言っているとあっという間に乳歯に虫歯ができ、気がついたら抜け替わった大人の歯にも虫歯ができてるってことにもなりかねません…

子どもが虫歯だと、親大丈夫か!?と思われる。でも、保育園でも幼稚園でも歯磨きの習慣は基本的にない。

3歳まで虫歯菌から守ると良いみたい

虫歯予防

3歳まで虫歯ケアや虫歯菌に気をつけましょう」とよく歯医者さんやママの間で言われていたりしますよね。

調べてみると、

虫歯菌は硬い組織に棲む性質があるため、お子さんのお口に虫歯菌がうつっても、歯がないときにはとどまることができません。しかし歯が生えてきたときには、ここぞとばかりに定着を図るのです。

この、乳歯が生えてくる2歳前後の時期を「感染の窓」といいます。この時期に虫歯菌がうつらなければ、その後も虫歯になりにくいといわれています。親御さんはこの時期にとくに注意するようにしましょう。

高尾歯科医院

虫歯菌って歯が生えてきたら住み着くのね。とにかく2歳くらいの歯が生えてきたあたりが虫歯ケアが特に大事みたい。

これまで虫歯菌から赤ちゃんを守ってきた

子どもを守ってきた

虫歯菌から赤ちゃんを守らなきゃ!って気にするママも多いのではないでしょうか。

わたしもその一人で、離乳食時などパパや周りの大人が箸やスプーンを共有してないかじっとチェックしてました(笑)

気にしすぎじゃない?というパパの言葉に、

全然そんなことないから!(だからあんたは虫歯だらけなのよ!)←心の声

と即答するくらい「虫歯菌から赤ちゃんを守ろう」を徹底してきたつもりです。

スポンサーリンク


祖父母は虫歯菌なんて気にしてない

祖父母は虫歯菌を気にしてない

でも、徹底するのにも関わらず、やっぱり周りの大人って虫歯菌なんて気をつけてないんですよ…

例えば、祖父母とか!!

じーちゃんばーちゃんは特に気にしてない気がします。

周りのママ友に聞いてもみんな同じ意見が多かったわ。

自分が食べたものをそのまま赤ちゃんに渡してあげる、とかね。

まだその食べ物食べさせたことないんですけどーーー!しかも食べかけあげるの!?

なんてことがしょっちゅうありました。見てる側がソワソワしちゃいますよ^^;

大人と同じスプーンや箸は当たり前

あくまで我が家の場合ですが、祖父母は赤ちゃんに対して「大人のものと分ける」って認識がないんです^^;

だから平気でスプーンや箸、コップなどを共有しちゃう感じ。

ちょっと待ったーーーーー!って言いたくなるわ。

よく考えると、祖父母の時代は赤ちゃんと使うものを分ける習慣がなかったのかも。と思います。

清潔な環境すぎても良くない」って言われているけれど、…それと虫歯菌とは話が違うっ!(笑)

まして旦那側の祖父母に注意なんてできない

自分の祖父母(両親)ならまだしも、旦那側の祖父母に(義母、義父)に「やめてください」なんて言いづらくて言えません^^;(笑)

それに祖父母も赤ちゃん(孫)のことをかわいがってくれているし、たまにもらえるお小遣いとかも…ね。

もちろん祖父母には感謝の気持ちは忘れていないわ。

そんなことを思っていたら、注意しようにもなかなか注意なんてできないんですよね(笑)

祖父母に対して虫歯菌から赤ちゃんを守る方法

虫歯菌から子どもを守ろう

でも!やっぱり虫歯菌にはちょっと気を使ってほしい…!と思いませんか?

虫歯菌は目に見えるものじゃないですが、虫歯予防しているんだ!って思いたいですよね。

それもこれも全ては子どものため。

そう思ったら、やっぱりできる限りのことをしてあげたいわよね。

では、わたしがこれまでしてきた虫歯菌を回避するための実践方法を紹介していきますね!

※祖父母だけじゃなく、旦那や周りの大人にも効果的な方法です。

やんわり虫歯菌のことを話す

虫歯菌のことを話す

離乳食などのご飯やおやつを与える際、独り言のようにつぶやきます。

「まだスプーンや箸を分けてるんです、大人と共有すると虫歯になりやすいみたいで。歯医者さんからもそう言われたんですよね。虫歯菌っていうのがいて…」

とブツブツと話すんです。

「えっ?虫歯菌?」

と虫歯菌のことを知らない祖父母は訪ねてくれるかも知れません。

そのときは丁寧に虫歯菌のことを話してみるといいと思います。

虫歯菌を知らないでスプーンなどを共有する祖父母もいるから、教えてあげるほうが親切なときもあるよね。

赤ちゃん用のスプーンを先に渡す

赤ちゃん用のスプーン

「離乳食あげていい?…これ食べたい?はいあーん」

の流れで祖父母が赤ちゃんに何かを与えるときがあります。

そのタイミングを見計らって、素早く赤ちゃん用のスプーンを先に渡します。

ポイント

  • 「これいつも使っているやつです」
  • 「普通のスプーンだと大きくて」
  • 「まだ大人のスプーンと共有してないんです」

上記どれを伝えたとしても、祖父母は嫌な気持ちにならないはずです。

もちろん笑顔で言うのが大事よ。

旦那に大人用の箸やスプーンを使わせないよう言ってもらう

使わせないで

もしくは、あらかじめ祖父母にスプーンなどを赤ちゃんと共有させないよう旦那に伝えてもらいます。

協力的な旦那さんや、虫歯菌に普段から気をつけているなら伝えてもらえる可能性もあります。

やっぱり自分から祖父母に言うのは気が引ける…!って方は旦那に任せましょう。

赤ちゃんが食べるもの、飲むものはコレです、と伝える

赤ちゃんの食べるもの

赤ちゃんって、人が食べているものに興味関心を示し、欲しがったりしますよね。

「欲しがってたから」「あげてもいいかと思って」

という理由から、祖父母は自分が食べているものを赤ちゃんにあげようとしたりします^^;

※これも我が家の例です。

まだその食べ物あげたことないよーーーー!そんなに味濃いものあげないでーーーー!

なんて思うこともしばしばあるんですよね。

ポイント

  • 「今日のご飯はこれです」
  • 「飲み物はこれです」
  • 「まだその食べ物はあげたことなくて」

と先に祖父母に指定して伝えます。

祖父母に「まだいろんな食べ物をあげちゃダメなんだ」と認識してもらえればOKです^^

祖父母に赤ちゃんを長時間任せない

祖父母に長時間任せない

祖父母に長時間赤ちゃんを見ていてもらうことになると、たいていハプニングが起こります(笑)

※これも我が家の例です。

「欲しがってたから食べ物をあげちゃった」

もしくは「食べられちゃった」「飲まれちゃった」などなど。

こういったことが起こるのが普通ってくらいです^^;

大きな事故につながらないだけいいですが、祖父母に長時間赤ちゃんを預けると、虫歯菌のことはあきらめるしかないと思います^^;

丸いチーズをそのままあげて喉につまらせちゃったとか、そんな恐ろしいことも起きたことがあるので、基本的には長時間見てもらうのを我が家では避けています^^;

そういう事故とかが起きるかも、と考えたら虫歯菌なんてかわいく思えるわ。

結論:自ら率先して虫歯予防をしていく!

ママが率先して行動する

ママが率先して虫歯菌に対して予防していると行動を見せれば多少なりとも理解してもらえたりします。

「あっ、虫歯にならないように気をつけてるのね。」と祖父母に思ってもらえればOK!

ちなみに、祖父母だけじゃなく旦那や周りの大人に協力や理解を得るためにも、ママ自ら行動して見せることがおすすめ。

「気にしすぎじゃない?」って言われようが、

だってね、虫歯菌が移るとかわいそうなのは子どもだよ、親がしっかりやってあげなきゃ

と”子どものためを思ってやっている”ってことを伝えることが大切。

歯磨きにしろ、食べるものや飲むものだって、赤ちゃんには決められないもの。虫歯予防は親の役目だよね。

まとめ

虫歯は親の責任

神経質になりすぎじゃない?と言われたり、自分でも思うかも知れませんが、子どもが小さいうちは親がやってあげないと虫歯になってしまうのは親ではなく、子ども。

そしてそれは親の責任であることは変わりません。

わたしも小さい頃から虫歯ができて、歯医者に通うのがすごく嫌だったわ。それを自分の子どもにさせるは嫌だよね。

ただ、こんなにも虫歯菌に気をつけていたとしても「フーフー」でも虫歯菌が移ってしまうこともあるんだとか。

結局のところ、虫歯ケア(歯磨きとか、虫歯菌を減らす)のほうが大切なのかも、と最近思うようになってきました^^;

子どもが虫歯にならないよう、周りがサポートしてあげることが大切ですよね^^

 

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
チカ

チカ

やんちゃな男の子2人を子育て中。 毎日ドタバタ育児生活だけど、子どもの成長を見るのが楽しみ。 ■■■ネイリスト技能検定・まつエク講師・コスメコンシェルジュ■■■ 産後だってキレイなママでいたい!をモットーとする。 普段はWEB屋さん。

-赤ちゃん・幼児

Copyright© 35SMILE , 2019 All Rights Reserved.